戻る

KAMAGAYA YA'S PAGE

新着本の紹介

ヤングアダルト世代のみなさんに、7月から9月の新着図書を紹介します!


『十歳までに読んだ本』 
西 加奈子、益田 ミリ、杏ほか全70名/著 ポプラ社

みなさんが、今まで読んだ本の中で心に残っている本はありますか? 本がビリビリになるまで読んでもらった絵本。 初めておこずかいで買った本。 他のことが手につかない位に夢中になった本・・・ シチュエーションは様々だと思いますが、1冊はパッと思い浮かんだ本があるのではないでしょうか。
この本では、現代を代表する作家・女優・映画監督なんと総勢70名が、各々心に残った1冊を当時の心境を交えながら紹介していています。自分のもつ感想や感じ方とちがっていたりしているところは、新しい発見があって面白いですし、今活躍されている著名人が読んだ本って聞くと、興味ありませんか? 『10歳までに読んだ本』って今更読むのはちょっと・・・なんて思った人もいるかもしれませんが、他の人の感想とは違うように、自分だけでも読む年齢、その時の心境によって読んだ後の感じ方は変わります。秋の夜長に1度読んだ本をもう1度読み返してみるのはいかがでしょうか。
7月から9月のYA向け新刊はこちら!
  • 『しばしとどめん北斎羽衣』  花形 みつる/著 理論社
  • 『青トレ』  原 晋/著 徳間書店
  • 『シタとロット』  アナ ファン プラーハ/著 板屋 嘉代子/訳
       西村書店
  • 『転換期を生きるきみたちへ』  内田 樹/編 晶文社
  • 『およばれのテーブルマナー』  フィリップ デュマ/絵と文
       久保木 泰夫/訳 西村書店
  • 『いつの日か伝説になる』  藤本 ひとみ/著 講談社
  • 『神々と戦士たち 4』  ミシェル ペイヴァー/著 中谷 友紀子/訳
       あすなろ書房
  • 『ラブリィ!』  吉田 桃子/著 講談社
  • 『14歳からのパレスチナ問題』  奈良本 英佑/著 合同出版
  • 『高校図書館デイズ』  成田 康子/著 筑摩書房
  • 『15歳、ぬけがら』  栗沢 まり/著 講談社
  • 『サバイバーズ 5』  エリン ハンター/作 井上 里/訳 小峰書店
  • 『ナイスキャッチ!』  横沢 彰/作 新日本出版社
  • 『ガラスの封筒と海と』  アレックス シアラー/著
       金原 瑞人/訳 西本 かおる/訳 求龍堂
  • 『ジェリーフィッシュ・ノート』  アリ ベンジャミン/著 田中 奈津子訳
       講談社
  • 『青春は燃えるゴミではありません』  村上 しいこ/著 講談社
  • 『宇宙の生命』  ルーシー ホーキング/作
       スティーヴン ホーキング/作 さくま ゆみこ/訳 佐藤 勝彦/監修
       岩崎書店
  • 『正義の声は消えない』  ラッセル フリードマン/著
        渋谷 弘子/訳 汐文社
  • 『13歳からの手帳活用術』  小澤 淳/監修 メイツ出版
  • 『オレンジ色の不思議』  斉藤 洋/作 静山社
  • 『ぼくらのロストワールド』  宗田 理/作 ポプラ社
  • 『いのちは贈りもの』  フランシーヌ クリストフ/著
       河野 万里子/訳 岩崎書店
  • 『八月の光』  朽木 祥/作 小学館
  • 『マイナス・ヒーロー』  落合 由佳/著 講談社
  • 『ただ、見つめていた』  ジェイムズ ハウ/作 野沢 佳織/訳
       徳間書店
  • 『水晶宮の死神』  田中 芳樹/著 東京創元社
  • 『十歳までに読んだ本』  西 加奈子、益田 ミリ、杏ほか全70名/著
       ポプラ社
  • 『もうひとつのWONDER』  R.J.パラシオ/作 中井 はるの/訳
       ほぷる出版
  • 『ボトルクリーク絶体絶命』  ワット キー/著 橋本 恵/訳
       あすなろ書房
  • 『14歳からの天文学』  福江 純/著 日本評論社